… …
鞄・財布などの革小物、革雑貨・インテリア・アウトドアなどの革製品
 

bristle grassについて

 

 

〜老舗レザーメーカーの職人集団だからこそできるオリジナルブランド〜

   

[bristle grass]は、ニシカゼのオリジナルブランドを販売する直営店です。

 

ニシカゼは1959年に創業。
学生鞄とビジネスバッグから始まり、レザーバッグ一筋でした。

 

メーカーからのオーダーを形にするOEMのみを行っていましたが、
2011年にオリジナルブランドを立ち上げ。

 

きっかけは2009年、縁がありレザー財布製造の会社と合併したことです。

   

同じレザー製品でも、バッグと財布では製造方法や技術は大きく異なり、
一般的にはどちらかを専門に製造しています。

 

互いの技術をミックスした製品を作れるようになったことで、
他にはない商品を作れるのではと考えたのです。

     

今ではバッグと財布はもちろん、ポーチ、キーホルダーなど幅広く展開し、
使用するレザーも栃木レザー、コードバン、イタリアンレザーと様々。

   

こちらはロングセラー商品、コードバンの長財布です。

一見普通の長財布に見えますが、細部に技術とこだわりが詰まっています。

   

例えばこのコバと呼ばれるレザーの裁断面の処理には、とても時間をかけています。

 

財布は幾枚ものレザーを重ね合わせて作っていますので、
切りっぱなしでは強度を保てません。

 

何度も削ったり磨いたりして、一枚の革のように仕上げています。

 

コードバンの美しさが引き立つようにできる限り薄く、
透明感のある輝きにしているのが特徴です。

   

ひと目ではわかりにくいこだわりなのかもしれません。

 

ですがお客様が手に取ったときに、「なんか、いいな」と感じていただけるには、
細部のこだわりが不可欠だと私たちは考えます。

     

ニシカゼに多くの職人はいますが、デザイナーはいません。

私たちは職人の集まりです。だからこそ、レザーの特性や適正を熟知しています。

 

そのため商品企画はデザインから考えるのではなく、
柔軟性のあるレザーなら曲線が美しいポーチを、
ハリがあるものならエッジの効いた財布をといったように、
レザーの特性から商品を構想しているんです。

   

これからはレザーのある暮らしを提案したいと考え、
鉢カバーなどのインテリアグッズも製造しています。

   

型押しレザーは優しいカラーが豊富なので、
ウッドと合わせてナチュラルテイストなものにしています。

   

こちらは傷がつきにくく変色しにくい型押しと、
経年変化を楽しめるヌメ革をミックス。

時間と共に表情が変わっていくのを楽しめます。

     

無機質になりがちなトイレサインやコンセントカバーも
レザーにして暖かさをプラス。

 

暮らしにレザーがあるだけで、生活がほんの少し豊かになる、
そんなライフスタイルを提案していきます。

   

さらにアウトドアグッズも製造。

ランプカバーやカップカバーも、レザーになると
飾っておくだけでサマになり、インテリアにもぴったりです。

   

平野区の工場に併設している[bristle grass]では、インテリアを考えやすくするために、
家具ブランド[mokune]の商品と一緒に展示しています。


→SHOPの詳細はこちら
 

レザーのある生活を一緒に始めてみませんか?




 

[bristle grass]
大阪市平野区長吉長原2-2-60
TEL 06-6170-2255
営業時間 10:00〜19:00
日祝休み